サンシャイン
Welcome to the Sunshine Web Site
ごあいさつ 商品案内 セッティング例
お取扱店一覧
ブログ
■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月 2016年07月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
■OTHER■

今は
次の新製品は全く考えておりません、もうほぼ製品は出そろった感があります、あくまで基本ラインナップです、今の製品で十分に世界市場に勝負できると考えております、あえてあと一つ新製品を出すならばV2の応用製品ですね、やはりV2は非常に評判がよいです、リレー試聴会でなぜあんなにコケてしまったのか、それは次の二つだと思います、 ①ワタシの実力不足、 ②オーディオ道は奥が深い ということになるのではないかと思います


それで今後は本当に今の製品群を海外に広める=いままでの失敗を教訓にして、今度こそ失敗のないように現在慎重にすすめており、あとは海外版ホームページが完成したら一気に行くつもりです、 それで海外がひととおりうまく行ったら今度はサンシャインの高級バージョンに手を伸ばしてゆきたいと存じます、一枚も売れなくていいから一枚15万のボードとか本気で作るかもしれません、別に日本で一枚も売れなくとも海外で売れれば良いというノリ、 でも内容を見れば、 この内容で15万? 安い!! と思わせるものを作りたいと思います、世の中30万超もボードも数種あるわけなので15万などわけないですし、インシュレーターも一個3万円は別に異常でもなんでもないのがこの世界!! 

あと、しばらくはですが、TIGLON社がまさに世界最高の導体を手に入れたようで、これをもとにTIGLON社ブランドで製品化したものをサンシャイン代理店で世界中に売ってゆきいたいともくろんでおります、その製品は日本でももちろん発売されます、しかしこの導体、最強も最強です、よくこんなもの見つけてきたと思います、ワタシが超薄型制振シートのもとになる鋼板を見つけてきたのと同じくらいの労力があったと思います。 しかもこの最強の導体を使ってリーズナブルな製品を出す予定で、世界を制したかったら安くないとダメでしょうね、それかウルトラ高いか。 まあこの世界最高の導体を使った製品は来月には発売されるようで、今日それをどう世界に広めてゆくかの会議があります、詳しくは製品がTIGLON社のホームページにアップされたら本製品の私見を述べたいと思います、 とはいっても他社ブランド製品ですので、本当に言いたいことの20%しか話せないと思いますが

| | 11:54 AM | comments (x) | trackback (x) |

製品の納期につきまして
現在D-RENとV50が在庫切れをきたしております、 D-RENに関しましては完全メイドインジャパンでございますので、8月第一週には責任を持ってお出しいたします


問題はV50ですが、当初の予定より二か月近く遅れております、これは部材が中国生産です、塗装穴あけバリ取りまでした状態で日本に送って、日本で貼りあわせるという感じです。 それでVシリーズはサンシャインの主力商品でありますのでこれが滞ると非常に痛いので、次回からはマグネシウム板だけ買い付けて日本で何とかしようと思いますが、塗装は日本の貼り付け工場の近所に限られます、 それで以前付近の工場で塗装の見積もりをしてもらったところ、中国の10倍近い価格で頓挫したことがあります、しかし相当地方に行けば相当安い塗装屋があるのもの事実ですが、貼り付け工場=神奈川県に限定されるので、非常につらい状況です、これが新潟とか行けば塗装代は半額以下です、 ただその分運賃がかかってしまいます、 ただ、今後はVシリーズは日本で何とかしなければなりません、 問題はMgスペンサーとSボードです、Sボードを国内で作ったらとんでもない価格になります、結局のところサンシャインで一番お買い得な製品はSボードということになるのでしょうか、国産と中国産での価格のギャップが一番大きな製品ですし、Sボードの仕上げは見事なものです、 ただ、Sボードは他社製のボードと比べると安すぎて信用ならん という方も少なくないと思いますので、今後海外向けに作ったSボードにBシートとD-RENを貼ったものを販売しようと思います、価格はちょうど二倍くらい、まあすでにSボードをお持ちの方には関係のない話です、  といいたいところですが、今後はSボードが円滑に生産されるかどうかも微妙になってきました、ワタシとしては中国工場を鍛え上げて三年周期くらいで他に変えて行く方法を取ろうかと思います、ベトナム生産も考えましたが、あの国は人は非常に真面目ですが、言ってみれば精度というものの感覚が日本とは大きくズレてますし、本気を出せば という条件がつきますが、中国のほうがはるかにまともなものが作れると思います、が、中国はいかんせん人間性に大いに問題があります


とにかくSボードが生産されないのは国際市場を考えたときに、Vより痛いのは明らかです。  今の中国工場も昨年までは本当に真面目によくやってくれましたが、今年から納期を守らなくなってきて最近は一番ひどいです

それでV50は現在納期確認中です、それとちょっとこれから電話帳を見て、神奈川の塗装工場に電話してみます、ワタシの予想ですが、例えば金属板445×345の片面に黒塗装を1000枚したらおいくらですか? との問いにすぐに答えてくれる工場は非常に非常にまれですね、だから日本の工場はダメなんだと言いたいのです、そんなものざっくり出してやらんと客は逃げますよー

| | 11:07 AM | comments (x) | trackback (x) |

V2の感想
次のお客様の声は普段からワタシと接点のあるサンシャインヘビーユーザー様です、が、製品の評価につきましては非常に厳しい、まあでもそのようなサンシャインユーザー様は多いので、だから怖いというか気が抜けない、多くの方はさんざんいろいろなアクセサリーを試されてサンシャインに行きついている方なので、まあ厳しい厳しい、やっぱり評論家に評価されようが販売店様に支持されようがエンドユーザー様から支持されなければ何の意味もないと思います、なお掲載許可はいただいておりません、ご寛大なお方なのでお許しいただけるだろうと勝手な判断で載せさせていただきました、本当にサンシャイン製品でもダメなものははっきりダメとおっしゃる非常にオーディオの神に忠実なお方です、それとメーカーに対する姿勢というのものにも非常にお厳しい方で、このような方が身近にいらっしゃるからワタシのような素人出身の人間には身の引き締まる思いです。 特にメーカーの姿勢でよくなりと思われることとして、最初は良いがだんだん姑息になる・・・・  まあ非常に多いですねそれは、 大阪最大手の専門店のK社長様もワタシがこの仕事を始めたときにくぎを刺すように忠告していただけました、しかもその忠告の仕方が関西人らしく明るい明るい、関東人だったら厳しい口調で、進藤君、将来そんなふうになったらダメだぞ!! と強く言われそうですが、K社長はそういったメーカーを笑って小馬鹿にする感じで、調子に乗ってくると本当に頭がボケ! ボケ! はっはっはっはっ   という感じで笑い飛ばしていました、このご指導は今もって自分自身の教訓であります







前略
ここ一週間を日記風に纏めてみました。

コンポの足元は、Vシート+S4のD-RENサンドのMG上載せで音が落ち着くまで我慢我慢。数日経過、変わらず。空気感、繊細さ、音の纏まりは良いが、高音のキレが今一歩。雑味は減少したが、音が整理され過ぎた感じがやはり馴染めない。

一週間我慢したが全体の印象は変わらず。高音のキレが出れば圧倒的に満足できるのだが、やはり我が家の環境には合わないのかとD-RENサンドを外した。高音が変わったが、「あれ、こんな感じ??」。雑味が出て、細かい音が聞こえ難い。「あった方がいいかも」と、またサンドし直しいざ試聴。うーん、この方がバランスも良く品がある。

ここでV2登場。V1の効果は正直よく分からないが、精神安定のためVシートに繋いでいた。V2は別モノで、これまでの不満を殆ど払拭してくれた。高音が「来たー!」とばかりに冴え渡った。と共に低音がタイトに締まった。
D-RENとV2でまた上の世界を見ることができた。

と言う状況です。正直ここまで一気に行くとは思っていませんでした


| | 02:19 PM | comments (x) | trackback (x) |

V2特注
締め切りました

| | 02:15 PM | comments (x) | trackback (x) |

直販
一本限りになりますが、V2の長さ1メートルで両はじが金メッキのY端子 税込9000円代引き 先着一名様でお願いします

| | 02:09 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑