サンシャイン
Welcome to the Sunshine Web Site
ごあいさつ 商品案内 セッティング例
お取扱店一覧
ブログ
■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
<<前月 2017年02月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
■OTHER■

金曜日
もうほとんど仕事やる気なしです、これからジムにでも行って今夜はパーティです、遊んでますね本当に。 しかし昨日思わずウチのスタッフの女の子の言葉に感動してまさおさんのことを書いてしまいましたが、今日もヤフーのトップニュースはまさおさんですね、本当に好かれてますね、ウチのスタッフがではどうしてそんなにまさおさんに好感を持っているかというと、でも彼女が生まれて間もないころの出来事だと思ったのですが、まさおさんが日本に不法侵入して北朝鮮に送り返された、そしてまさおさんが日本に不法入国した理由が ディズニーランドに行きたかった というその理由がかわいい  と。 まあ誰から見ても友好的な理由ではないかと思います、ましてや本当に殺人鬼のような一族の長男ですから・・・・・      ということでまさおさんの話題はこれでおしまい、とにかく日本の女子高生にも好感度大のまさおさんの事件は本当に残念でした


それから異業種参入の件ですが、そのための必殺の製品が来週の水曜日にサンプルが出来るそうです、提供者はその効果に絶対的な自信があるようです、まあその提供者とはTIGLONの沖野社長なので間違いないでしょう、それでその製品を作っている工場もいまのところ量産可能ということで、これはもう誰も止められない、今年こそいよいよワタシというキャラ全開の年がやってきます、それが通用するか失脚するか、答えは簡単のように思います、製品が良ければ通用する、製品が悪ければ失脚する、 その根拠→現在のサンシャイン製品が良くなかったら誰もこんなワタシのブログなんて良いと思わない、そんな毎日楽しみにしている、なんて方はいらっしゃるわけがない、製品の効果が大きく、お客様のシステムに貢献させていただいているからこそ、その製品の提供者のブログは何を書いても面白い、だからちょっと過激ぎみに書くのがよいと思います、ただ、あまりにも品格がない、早い話、お下品なのはよくないと思いますが、異業種でのホームページはお下品全開で行くつもりです、 でもお下品全開でワタシは半分の方には共感していただける自信があるのです、それは他でもない、ほとんど調子に乗ってお客様や業者の方に思わずワタシ流の下ネタ大爆発をしてしまったら逆に普通の男の人で安心しました、とか最近の最強ネタは、「まるで神様が話をしているようだ」 いやいやそのようにおっしゃってくださるあなた様こそ神に見えてくる というこで、要はとにかく面白くなければいけない と、思うわけです。 でもどんなにキャラ全開でもやりすぎはまずいというかほぼ全開の内容が若い女子から見て不快に感じるか、ということで何人かの女子に読んでもらったらみんな笑いが止まらない  という感じだったので、まあ内容としては過去の自分のダメな人生体験に基づいた女性に対しての失敗談の数数を書いたり、と。


まあやっぱりここまで来たら本当に自分の人間性というものを全開にしてゆきたい、特に青春期を闘病生活で全部棒に振っている男、そして今は超遊び人 とは言うけれど、病気は治ったわけではないので、苦しい治療を受けながら遊んでいるので言ってみれば満身創痍 です   まあこういう男は自分で言うのも何ですが、ちょっと人には書けない面白いこと言える人物かもしれないので、 とにかく 遊ばなければ面白いこと書けない言えない、それが製品づくりの原動力にもなる、 自分が本当に特に他社製品の10倍の価格の製品も蹴散らしてやる というポリシーで仕事しているのはまさに本当に遊びに対するどん欲さというかありきたりというのを一番嫌う人物である ということでしょうね。


ということでワタシの正体はこんなものです、そして遅くとも5月から異業種参入がスタートし、別のホームページが立ち上がります、これがうまく行ったら本当に自分自身の中では悲願 ともいうべきオーディオ製品に着手します。 本当に夢と希望に満ちた なんてそんな言葉はワタシには似合わない、まさに欲望と執着に満ちた性格なもので、それをかなえるためにいよいよ本当に今年スタート、一年、いや、半年で定着させたいです、ワタシは気が短いもので




| | 01:55 PM | comments (x) | trackback (x) |

何か面白いこと
たまには何か面白いこととか書ければいいのですけれど、ただ、異業種参入のおりにはもう一つホームページを開設する予定なのでそちらのほうではもう本当にワタシのキャラ全開の世にも恐ろしい?を開設する予定です、以前のブログでもお伝えしたように、ウチの女子スタッフが下書きを読んで大笑いして、でもこれが本当に公に発信されるかと思うと恐ろしい・・・・・     まあ女子が不快に思うどころか大笑いするような内容なので逆に男子の仕事がらみの人がそれを読んでひやひやするというのが現実だと思います、お客様は女子スタッフと同じ笑い飛ばす方がほとんどだと思います、やはり仕事の側とお客様の側では相当心理状態が違います、どちらが正常かというと当然ながら客側です、なぜなら自然体じゃないですか、


ということで最近気になったニュースとしては、そうそうあの北朝鮮の事件、もう10日以上経つというのに連日大々的に報道されていますねぇ、ということは被害に遭われたあの方というのはまあ言ってみれば大変な人気者だったということでしょうね、特にワタシなどは本当に病弱も病弱なもので海外というものは一度も行ったことがなかったし、一生海外なんて行かないくらい思っていたものが、韓国と取引を始めるにあたって韓国側が韓国に来て契約を結んでくれ  というので、まあワタシとしては忙しくて行けない とはさすがに韓国人には言えない、行けないというのはすなわち韓国人を見下している と思われたらそれは心外なのでここは行くしかないと決心して美人秘書を同行させて初海外に行ったのが朝鮮半島です、ということで朝鮮半島には愛着までは行かないまでも、好意的なのは確かです。それで朝鮮半島の人間で、では言ってみれば一番誰のファン? かと言われれば、まあいろいろな方がいらっしゃいますが、案外とこの被害に遭われた方かもしれません、でもそれを思う人は実は少なくないからこんなにいつもいつも大々的に報道されているのだと思いますね、本当に個人的な思いで大変恐縮ですが、特にブログでは政治的なもの、宗教的なもの、差別的な発言、こういうのはよろしくないとは思いますが、個人の勝手な思いを述べさせていただくと、初めて海外=韓国に行った感想は、韓国と北朝鮮は統一されるべきだ、とまでは強く言えないが、統一してほしい、と思いました、その理由は韓国人は本当に優秀です、みんなものすごく勉強するようです、平均的な学力という点では日本よりはるかに上だと思います、が、日本のほうがずっと経済発展をしているというこの事実、良い意味で日本は不思議な国だ、きっと日本人という民族の脳みそは世界一世渡りのうまい脳みそをしているのではないか? 事実学力という点でははるかに韓国のほうが優秀だ、学力が優秀ということは基本的に人間性も優秀なのでは? それを思うともとはといえば同じ国だった北朝鮮の人たちの脳みそも韓国なみに優秀に違いない、だったら南北統一して特に経済的に日本を脅かすくらいの存在になったら面白いかも      と、韓国に行って思ったしだいです。 まあ単純な話し、隣が発展しれば自分のとこももっと発展するはずだと思うわけです。


しかし今思うことは、ワタシの言っていることが正しいかどうかはともかく、一理あると我ながら思うのは、この被害に遭われた方は、母国語の他に英語とフランス語が堪能、中国語とロシア語も理解できるという本当に優秀すぎます、こんな優秀な人、日本にはなかなかいないと思います、極めつけは、日本の記者が通訳を介し北朝鮮語で、日本語わかりますか? と聞いたら何と日本語で  わかりませーん と言ったらしいじゃないですか  恐らくこの一言で氏は日本国内で人気急上昇になったのではと思われます


それで結論としては、今回の事件を通じ、まあ北朝鮮にウチの製品を売るのは無理なので、せめてもっと韓国にちからを入れよう、と思ったしだいで誰になんと批難されようがアイラブ韓国だ、 さすがに北朝鮮は優秀な民族に違いないというだけでそんな好きだとか適当なことは言えません、まあ国のあり方については外野、特にワタシのような素人がどうこう言えるものではありませんが、どうなんですかね、北朝鮮の一番偉い人は、事実上の北朝鮮一番の人気者が目障りだったんですかね。 ということでワタシは唯一行った外国が韓国だったものでどうもあのへんの動きというのは少なからず、いや、非常に興味はあるのですね。特にウチの若い女子スタッフでさえ、 まさおが殺された!! と残念がってるくらいですから、まあそれも大いにあって今回のブログに至ったかもしれませんね、そうそう、このブログのオチはまさにそれです、ウチの10代のかわいい女子スタッフでさえ、 まさおが殺されたー というくらいですからこはワタシが想像するはるか以上に人気者だったのですね、ならばこれを機会に本当に韓国営業にちからを入れましょう、最近は異業種参入のほうにちから入れていて韓国はほっぽっていてしまったので

| | 10:39 AM | comments (x) | trackback (x) |

Sボード
先週のブログでSボードの国際価格は今の価格よりはるかに高く設定するが国内価格は変わらない、要は国内は価格据え置きのようなことを申し上げましたが、国内もSボードは値上げやむなしの状況になってきました。その理由ですが、昨年より海外生産のものの納期が本当に適当になってしまい、お客様には大変なご迷惑をおかけしており、今もSボードは未入荷のままです、それで海外の工場に怒りをぶつけたところ返答は次のとおりです


あなた方の製品を作るようになってからはや7年が過ぎました、その間われわれの国の物価は急上昇しています、が、あなた方の製品の工賃の価格は7年前と変わっていません、正直いって今のあなた方の仕事は利益が大して出ません


と、言われてしまいました。 ごもっともでございます。それでワタシがならばあとこれくらい足したらどうかと言ったらそれだったら喜んで真面目にやる  というのです、 その工賃は今の工賃の3割増しを提示しました。3割増しにしても日本国内で作るよりかははるかに安いですし、技術のほうももう完全に日本製と変わらrないくらいのレベルにまで達しているので工賃3割増しで製造を続行するしかないと思います、他の国や地域ではもっとはるかに安く作れるところはありますが、本当に最後の外観が全然ダメなのです、要は賃金の低すぎる地域というのは単純な話、美意識が低い、 本当に外観がなんでもよければ工賃は今の半額くらいで出来る地域もあります、でもさすがに製品として最低限の外観 というものは必要だと感じています。 ちなみにワタシが客の立場だったら正直ボードだったら外観は気にしない、それより性能を保ったまま安くしてくれ というのがワタシの客の立場としての考えです、が、提供する側になるとそれは怖くて出来ないです、最低限の外観というものはあると思います、そのようなことでものすごく安く作れる地域での生産はとっくにあきらめています


それで、では値上げするとしたらいくらになるのか? 例えばS40を例にとると、現在14.000円です、 これを単純に三割増しにすると18.200円です、原価率、利益率にするとそうなりますがはたから見ると上げ方が極端に見えます。 しかしもともとはSボードというのは非常に安すぎるくらい安いとは周りから言われていますが、その安さの秘訣というのは単純な話し、ドル円が80円のときに作った製品なのでドル円が80円だったときはボードはこの価格でもそれなりに利益率は高かったのですが、今みたいに110円を超えている時代では、途中で1000円値上げしたとはいえ、そんなに利益は出ていません、加えて今後工賃3割増しです


結論、 次のロットより一枚あたりあと2000円値上げします、それで将来的な限界はS50が定価2万円を聞かないこと だと思います、 サンシャインのウリというのは この価格で他社製の価格10倍の製品にひけをとらない、もしくは追い抜く というものなので、価格は本当に抑えなければいけないですし、そのポリシーがいよいよ本領発揮するときが来た!! つまりはオーディオよりはるかに人口の多い異業種参入です、 そこでのあいさつ文での一つとして、 サンシャイン製品が安いのではない、他社が高いだけである、こういうのを何というか知っているか こういうのを ボッタクリ というのですよ


ということでボッタクリとは無縁の弊社としては、まあ値上げしてもこのくらいに抑えないと と、思います、 それで値上げの時期ですが、今度入荷してくるもの=3月中旬=それが完売して次のロットになったときが値上げの時期、おおよそですが 5月か6月くらいになると予想されますが、まあ定価2.000円なのであせって今買うほどのものではないとそのようには思います    いま思うとS40の一枚13.000円デビューというのはかなりの冒険だったと思います、でもそのときはたまたま為替が極端な円高だったので、周りの予想価格は1枚18.000円くらいのところを、驚かせること好きのワタシは思い切って13.000円という価格を付けたら当時は本当に売れて売れてしかも為替は円高だから儲かる儲かる、それで円安に傾いてきたときに海外を制覇すればよかったのですが、先日のブログでお伝えしたように、価格設定の甘さから海外に広まらなかったという、それで最近は円安に加えて工賃の値上げ、 ということでSボードの値上げやむなし  ということで最終的には1枚18.000円まで行くかもしれませんが、今は16.000円で止めようと思います、それで異業種や海外制覇がうまく行って、ボードはサービス品として永遠に16.000円どまり というのが理想です   ということで5月か6月あたりに値上げします、当然海外設定価格も上がります。ただ、本当にどんなに値上げしても一枚定価2万円を聞いてしまったら突然つまらなくなるとは思ってはいます、言い訳が多いですが値上げというのは本当につらいものです、逆に過去値下げした製品もあります、それは製造工程が安くなったのでより多くの人にこの効果を味わってほしいと思って値下げしたのですが、売上数は変わっていない、だったら最初の価格でよかったじゃないか なんて笑えない事実も


しかし本当に値上げは悔しいので逆に値上げの時が来たら日本国内に雑誌宣伝してやろうか、そのように思いますね、


それで海外から工賃のことを言われたのは実はおとといの午後の話ですね、まあ向こうの言い分はごもっともなので、それともっと安い地域での生産を求めてもすぐには良いものは出来ない というのはわかりきっているので向こうの言い分を素直に聞いて理解されそうな範囲内での価格改定をしたほうがSボードは今後も安定供給できると判断しました、本当にSボードは一番大きいサイズのS50が19900円までは値上げはお許しいただきたいと思います、今回はS50は16.000円から18.000円になる予定です


以上非常につらい報告でした

| | 10:57 AM | comments (x) | trackback (x) |

月曜からくだらないこと
実はインフルエンザ完治後、とある人から六本木のタワーマンションでパーティがある   と。 それでワタシはパーティはもちろん六本木のタワーマンションというものに興味があったので出席。 このマンションは六本木ヒルズとか東京ミッドタウンレジデンスとかそのようなぼったくりのマンションではなく、六本木にある平均的なタワーマンション、 でも38階建てで築5年ということでなかなか立派


それで物件はというと 広さは80平米です、先日入ったミッドタウンレジデンスの125平米に比べれば80というのはファミリー向けとしてはごく普通のサイズ、しかしちょっとだけ違うのは、主に平均的分譲マンションの広さというのは70平米で3LDKというのが多いと思いますが、今回の物件は80平米で2LDKです。

それで70平米のマンションのリビングというのはだいたい正味8~10畳くらいだと思います、これが80平米の3LDKになるとリビングが10~14畳くらいになると思いますが、15畳以上あるリビングというのは非常にまれだと思います、恐らくリフォームに一部屋ぶち抜かないとなかなかその広さはないと思います、が
六本木のほうはというと、まあ思ったほどリビングは広くなかったです、12~13畳くらい? その他キッチンとかトイレとか一番奥の寝室が10畳くらいあるので2LDKで80平米行くと思いますが、ミッドタウンレジデンスに比べれば新しいというだけで至って普通という感じです、それで家賃はというと、それは簡単に想像がつきます、 ズバリ 80平米六本木タワーマンション価格で(ちなみに32階)50万円というところでしょう。   正直な感想、80平米で50万か? アホみたいだ(笑)  いや別にタワーであるということと六本木であるということを除けば部屋の中は至って普通ですし、タワーじゃなかったら池袋で20万円、でもタワーだったら池袋でも30万はしますね、それでも六本木は50万ですからその差は歴然、 まあそれでこれがタワーでなくただの80平米のきれいなマンションだったら池袋のとなりの板橋区で15万円 さらに都県境を超えて埼玉に入ると12~3万 さらに川越なんてところをすぎると10万切りますね


ということで六本木のタワーマンション家賃50万、別になんてことはない、タワーであること、六本木であること を除けば部屋の中身は板橋区の築5年以内のマンションと大差なし まあミッドタウンレジデンスは本当に夢の世界でこれをどうこう批判するのはひがみというものだろうけど、本当にこのタワーは中身は変わらない、もちろん外装は相当変わる、でも外装なんて客人が来るときに見栄を張りたいだけのものだと思うので、それ以外は関係ない、 というのが持論、 あとはステイタスか こういうところに住んでいる、 それが見栄でなく、ただの自分自身への自己満足だけで高い家賃払っているのならその人は逆にすごいと思ってしまうかもしれない。


あとこのような六本木のタワーマンションにはどういう人が住んでいるのか容易に想像はつきますね、普通のサラリーマンではとても支払えない額です、となると、これはほとんどが外資系の社員でしょう、ゴールドマンサックスとかそんなところ、まあ港区の高級タワーマンションというのはほとんどが賃貸なので、外資なんかだといつクビ切られてもすぐに退散できるよう、みんな賃貸でしょうね。ミッドタウンレジデンスとか六本木ヒルズとかは本当にまさにベンチャーで大成功した社長とか外資系の役員とか有名人とか投資で儲けてる人とか完全に住む世界が違うひとたちの集まりで、まあ何を感じたか、六本木、麻布等の港区というのは本当に まあ悪く言うのはひがみねたみだと思うので、本当にステキな人たちとしか言いようがない、ただし、そんな内装が板橋と変わらないのに家賃50万とかそんなところは死んでも住まないどんなに金があったとしても、 ミッドタウンレジデンスみたいにムダにトイレが三つもあるマンションとか意味が不明すぎる、 まあでも本当に稼ぎの良い人が一時的に住むのが港区の高級物件だとは思いますね


ということで結論、 ワタシは部屋の内部が良いこと至上主義なので、六本木の80平米に家賃50万かけるくらいなら池袋近辺の普通のマンション借りるか買うかして広いリビングを構築してオーディオを朗朗と鳴らしますね、とにかく80平米のマンションでは内装は六本木も板橋も同じ、違うのは家賃と建物の外装、もっとも六本木は定住するところではない というのが確かなようで、だからあんな気ちがいみたいな価格付けになるのですかね、いわゆる丸の内のエリートサラリーマンたちは勝どきとか豊洲とかそのへんのタワーであれば定住するようです


ということで六本木物語はこれにて終了ですね、まあ間違いなく貴重な体験をさせていただきましたし、家賃が高いかといってそれがオーディオにとっても良い環境かというとそれはまた別ですね、

| | 11:33 AM | comments (x) | trackback (x) |

金曜日
なんか面白いネタないですかね、 そうそう、今度の異業種参入のホームページの下書きを、ウチのスタッフの高校生に見せたところ、読んだ感想→ジワジワ来る(笑) ということで大変好評  ところがホームページ会社に依頼したところ、内容が過激すぎる、公序良俗に反する可能性がある


これを受けてワタシは何を思ったかというと、人生に正解などというもは存在しない、せめてそれに近いものがあるとするならばより多くの方に共感できるものが正解に近い という実に当たり前か。   しかしその公序良俗に反すると判断を下した人、 どうかと思いますね、要は良くも悪くも真面目すぎでしょう。
内容のほうは若い女子何人に見せても決して不快感を示さなかったわけですから客の立場の人間が見たらほとんどの人はオッケーだと思います、しかし作り手としてはこのような前例のない過激?なものは作りたくないのでしょうね、公序良俗なんてただの言い訳だと思います、若い女子が何人も見てオッケーだったわけで、 まあそれでまかり間違ってどこのホームページ会社も作ってくれなかったらウチには優秀なスタッフがおりますのでホームページビルダーで作らせますので、 とにかく女子高生がジワジワ来るような内容もののわけなので、これが公に出ないなんてなんともつまらないと思います。特に自分の人生の転機のようなものをそのままあったことをストレートに書いたら女子高生というか、いままで読んだ女子スタッフみんなバカ受け


ちなみにその女子高生、先日のリレー試聴会のときアシスタントとして最初から最後までおりました


まあでもホームページ会社が仕事としてその内容を見たら確かになんじゃこりゃ? ということにはなるでしょうね(笑) これがプライベートで見たら笑いが止まらないのでしょうが、それはプライベートの心理状況で皆さまに読んでいただくわけだからこれは絶対に公に出しますね、出したい一番の理由、それは何度も申し上げておりますように、ワタシは闘病生活でほぼ青春期を全部棒に振った歪んだ大人ですから、その無念の思いをまさにここで晴らす? のです 晴らす というより自分自身へのなぐさめでしょうか(笑)  とにかくそのような生活を送ってきた人間は本当に歪んでいるのでうまくいけば誰にも書けないような面白いこと書ける可能性は十分にあると思います・・・・・


では遅くとも5月のスタートをと考えております

| | 01:42 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑