■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2017年11月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD:
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
■OTHER■

ジオパークのまち様似 №11
6~7合目




山小屋から「馬の背」に向かい15分ほど登った6合目

付近から7合目の手前にあるかんらん岩の岩場。ここ

での観察ポイントは二つです。一つは、著しくマグネシ

ウムに富むタイプのかんらん岩(マグネシウムと鉄の

比が93%以上)で、非常に珍しいタイプです。このか

んらん岩は、登山道が岩場を横切って階段状になっ

ているところに露出していて容易に観察できます。も

う一つは、はんれい岩質の層とかんらん岩が繰り返

している場所です。岩場を登りきったところにほぼ水

平な層状の露頭があります。硬く飛び出てみえるの

がはんれい岩質の部分で、引っ込んだ褐色の部分

がかんらん岩です。




馬の背お花畑



「馬の背」と呼ばれているアポイ岳西方の尾根。ここ

から、アポイ岳山頂と北尾根のスカイラインに目をや

ると、鋭くとがった三角形のピークが吉田岳、さらに

その北側にピンネシリ山頂が見えます。これら稜線

部のかんらん岩は、層厚約3,000mの幌満岩体の最

上部に相当しますが、稜線のところどころにかんら

ん岩が露出し、アポイ山塊がかんらん岩の山である

ことを実感できます。遠く北に連なる山々は、楽古

岳や野塚岳などで日高山脈南部の脊梁をつくって

います。「馬の背」から山頂にかけてのお花畑には、

アポイアズマギクやエゾコウゾリナなどの花々が咲

き添い、登山者を迎えてくれます。




アポイ岳



アポイ岳の頂上はダケカンバなどの樹林帯になっ

ています。本来、高山植物が生育する山の頂上が

樹林に覆われていることなど考えられません。はっ

きりとした理由は分かっていませんが、幌満側と南

側の沢から樹木が登ってきたことや比較的風が当

たらないことなどが考えられています。アポイの名

は、アイヌ語の「アペ(火)・オイ(多い所)・ヌプリ(山)」

が略されたもので、意訳では「大火を焚いた山」とな

ります。昔、アイヌの人々の食料であった鹿の豊猟

を、火を焚いてカムイ(神)に祈ったという伝説に由来

しています。


様似町をもっと知りたい方はポチッ一回!!↓
 お願いしまーーーーーす!
人気ブログランキングへ

| http://blog.a19.jp/north_spirits/index.php?e=308 |
| 様似タウン情報 | 11:36 AM | comments (0) | trackback (0) |










http://blog.a19.jp/north_spirits/tb.php/308
PAGE TOP ↑