■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2022年05月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
a19(アイキュー)
■OTHER■

北海道のアサリ漁場造成で用いられるサンドチューブ
1.はじめに
本州の東京湾や瀬戸内海、有明海のように広い干潟が少ない北海道では、沿岸整備事業に
よるアサリ漁場の造成が昭和61年から始まりました。
アサリの生息する範囲が狭い北海道では、アサリが生息していない深い場所に盛り砂をして
漁場を造成する方法が取られました。盛り砂をするためには、砂が広がっていかないように周
囲を囲む必要があります。
この囲いとして、ブロックや土俵、鋼矢板がありますが、昭和62年からサンドチューブが多くの
場所で用いられるようになり、採用されてから今年で23年になります。しかし、サンドチューブを
用いたアサリ漁場の造成方法は、特有な施工方法であるため、実際にその施工状況を見たこ
とのある人は、社内でも一部に限られています。
そこで、サンドチューブを用いたアサリ漁場造成の様子を映像で残したいと思い、野付湾で行
われている施工現場にお邪魔しました。今回は、その様子をお知らせします。

2.サンドチューブについて
サンドチューブ(写真1)は、織布の表面に塩ビコーティングを施した丈夫なシートを、長さ20m、
直径約1mの筒状の袋にしたものです。サンドチューブへの砂の充てんは、人と同じような大き
さのサンドポンプ(写真2)を使います。
このサンドポンプで水と砂を一緒に吸い上げ、排砂管(写真3)を通してサンドチューブの一端に
ある注入口に送ります。
図のように、注入口から入った水と砂は、サンドチューブの中に入ると急に広い空間になるため、
流速が遅くなり、砂がサンドチューブの中に沈降し溜まっていきます。
砂がサンドチューブの中いっぱいに入ると、充てん作業は終了です。このようにして、造成するア
サリ漁場の周囲にサンドチューブを並べて設置していくことで、囲いができあがります。サンドチュ
ーブの囲いができると、囲いの中に盛り砂を投入して地盤を均し、アサリ漁場の完成です。
サンドチューブへの砂の充てん作業は、アサリ漁場を造成する場所で行われます。作業は、作業
船で施工するには浅すぎる水深のため、ほとんどを人力に頼ることになります。


写真1:サンドチューブ


写真2:サンドポンプ


写真3:排砂管



3.サンドチューブに砂を詰める 
サンドチューブは(写真4)のように折りたたまれています。
これを設置する場所に運び広げます(写真5)。
広げ終わると、初めはサンドポンプから水だけを送り、サンドチューブに水を充てんします。(写真6)
この時、サンドチューブが曲がらないようにしっかり押さえていないと、まっすぐに直すのは難しく
なってしまいます。
水がいっぱいに入ると、サンドチューブは大きな丸太のようになります。
サンドチューブがいっぱいに膨らんだ後、今度は水と砂を注入して砂がサンドチューブの中に充
てんされるのを待ちます。砂が充てんされるのには4時間ほど掛かります。サンドチューブの中に
9割近く砂が入ると、注入される水と砂の通り道は、サンドチューブ内の上部に細く残るだけになる
ため、途中で砂が偏ってふさがりやすくなります。そこで現場のみなさんがサンドチューブの上に立
ち、足踏みして途中でふさがらないようにします(写真7)。
砂の粒の大きさ、水と砂の混合状態、さらに砂の充てんの度合いなどをみながら、ポンプの圧力調
整や充てん方向の転換などの作業をしていて、現場のみなさんがしっかりと意思疎通を取り、力を
合わせて作業していることが良く分かりました。また、これまで培ってきたノウハウが至るところに活
かされていると感じました。


写真4:折りたたまれたサンドチューブを広げるところ


写真5:サンドチューブを広げたところ


写真6:サンドチューブに水を注入しているところ


写真7:サンドチューブの上で足踏み

4.おわりに 
アサリ漁場造成現場は、潮の干満によって干出したり水没したり水深の変化が大きく、顔から下は
水中に入っての作業となります。そのため、防水服を着て作業をするので、服の中は汗だくです。
現場のみなさんの苦労は大変なものですが、このような場所でサンドチューブを設置する作業をして
いるのは、日本ではここだけです。
もしかすると、世界中でも、ここだけかも知れません。
サンドチューブ施工のノウハウは、西村組アーカイブとしてしっかりと残していきたいと思います。
最後に、造成されたアサリ漁場からたくさんのアサリが漁獲されることを願いつつ、今回の報告を終
わります。


| http://blog.a19.jp/nishimuragumi/index.php?e=174 |
| 研究開発活動報告 | 11:27 AM | comments (0) | trackback (x) |










PAGE TOP ↑


ホーム | 会社案内 | 作業船 | 現場紹介 | 研究開発室 | コミュニティ | お問い合わせ・資料請求 | プライバシーポリシー